4にゃんず+人間のにぎやかで面白い生活ぶりを気の向くままに綴ります
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子供が生まれたら、犬を飼いなさい
2011年03月05日 (土) | 編集 |
昨夜 簡単にご報告だけした


わさお君の映画


本日 全国ロードショー公開 です


わさお


動物好きな人ならば


わさお君の表情と、海の風景とそれだけで感動かな


なにしろ


演技トレーニングなど無し


躾もされていない


わさお君 ⊂゚U┬─┬~


なのに・・・


そこらへんの動物タレントに負けてませんよ~~


大人になってからの わさお君 は 吹き替え無しで出演


自然の中で生き


仲間を思う心と


ほんとうの絆はなにかを演じています・・・


まぁ 考えようによっては


ちょっと有名になった犬をもとに


商魂たくましい ・・・と言えばそれまでですが・・・


野良犬 野良猫の保護の活動からみれば・・・


それも ありかな・・・と・・・思いました・・・


捨て犬だった犬をを保護して


ずっと可愛がっていた老犬を看取る場面は


涙もろい私は


涙が出ました・・・


セツ子さん役の薬師丸ひろ子さんと


旦那さま役の平田満さんは


さすが演技派でした・・・

ドーナツ
 

そして・・・この機会に・・・


かなり前に長崎でワンニャンの保護活動をされている方の


ブログに載っていた詩をご紹介します・・・

   
    長崎はっぴーあにまる☆ブログ(2008/09/20 に投稿されています)
        
      クローバー2


    mixiのコミュニティーで、素敵な詩を見つけました

           イギリスの詩だそうです


       子供が生まれたら、犬を飼いなさい


       子供が赤ん坊のうちは、


       犬は子供のよき守り手となるだろう


       子供が幼年に達すると


       犬は子供のよき遊び相手となるだろう


       子供が成長して少年になると、


       犬は子供のよき理解者となるだろう


       そして、子供が多感な年頃の青年になったとき、


       犬はみずからの死をもって教えるのである


       別れの悲しさ、命の尊さを


クローバーライン



 1ポチいつも♪サンキュッ (v^-^v)♪
にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
アビmamaさんへ
コメントありがとうございますv-237

わさおのストーリーも知らずに見に行って・・。
感動して帰ってきました。
涙もろい方は、タオル持参で・・・。

良い詩ですね。
はじめて見た時、そうなのよって思いました。
我が家の住む町も、野良たちには本当に厳しくて
それなのに、動物救出のニュースは流れる・・・。
へんな世の中です。
人の命も何とも思わないような、残酷なニュースも多いし。
大人が子供に命の大切さを教えてないからでしょうね・・。
2011/03/08(Tue) 03:53 | URL  | きらたる #-[ 編集]
ryuさんへ
コメントありがとうございますv-237

わさおくんの作られていない表情がよかったです。
私は、弟からもらった試写会券だったのですが・・・。

見送った子たちに
もう一度会いたいって、思う事あります。

虹の橋であえるまで、恥ずかしくないように
生きていかなくちゃ、ですね。

この詩、皆さんに紹介してよかったです。
2011/03/08(Tue) 03:51 | URL  | きらたる #-[ 編集]
きらりの母さんへ
コメントありがとうございますv-237

こちらこそ、共感して頂いて
ありがとうございます。
考えてみると、
親が動物好きなら、子供も好き。
親が動物嫌いなら、子供もほぼ嫌いです・・・。
命を大事に思うかどうかは、
やっぱり、教育によるものでしょうね。
育った環境と・・・。
動物好きにしてくれた両親に感謝です。
2011/03/08(Tue) 03:39 | URL  | きらたる #-[ 編集]
かおりんさんへ
コメントありがとうございますv-237

ほんとうにそうですね。
飼い主によっても、幸せになったり不幸になったり。
でも、どんな飼い主でも、彼等にとっては家族なんですもの。

わんちゃん(時おり猫も)が、命がけで何100㌔の道を
飼い主のもとへ帰って行く話がありますが、
ただ、家族に会いたい一心なんでしょうね。
そんな彼等に対して、
責任を持たなくちゃ、って思います。
2011/03/08(Tue) 03:30 | URL  | きらたる #-[ 編集]
NIKOさんへ
コメントありがとうございますv-237

やっぱり、動物物に弱い方が多いですね。
私も同じです・・・。
未だに見る勇気のない映画もたくさんあります。
今回は試写会の券を貰ったので行って来ました。^^;

この詩は私が、とても感銘をうけて、
手元にプリントアウトして、持っていたものです。
この機会にご紹介できてよかったです。
動物とのかかわりは、子供達をいい子にしますよね。
同感ですv-237
あ、私も親ばかでした。(゜o゜)
2011/03/08(Tue) 03:02 | URL  | きらたる #-[ 編集]
ぴゆうさんへ
コメントありがとうございますv-237

そう言っていただけたら、
紹介した、私もうれしいです。
自分たちより寿命が短い生き物は、
必ず見送る日が来て、悲しい思いはするけれど、
思い出は永遠に残りますよね。

私も、きっと虹の橋の傍まで迎えに来てくれると
思っています。
2011/03/08(Tue) 02:51 | URL  | きらたる #-[ 編集]
月餅子さんへ
コメントありがとうございますv-237

そうなんです。
タレント犬でもないわさおくんが、
スクリーンの中で、
ちゃんと演じているように見えるんです。
撮影は大変だったでしょうね。^m^

この詩を目にした時、
私も感動して、プリントアウトして、
ファイルにはさんで持っていたのです。
そういうふうに言っていただいて、
私の方こそ、ありがとうございます。
2011/03/08(Tue) 02:43 | URL  | きらたる #-[ 編集]
由桜さんへ
コメントありがとうございますv-237

今、日本が乾いているようにみえるのは、
自分たち以外の命を、粗末に扱ってきた
代償のような気がします。

子供に命の尊さを伝える機会が
あまりにも少ないですね。
2011/03/08(Tue) 02:34 | URL  | きらたる #-[ 編集]
YUKIさんへ
コメントありがとうございますv-237

可愛かったですよ~~v-237
子犬の頃のわさおがまた、可愛いのなんのってv-237
最高でした。
動物物はそれだけで感動してしまうけど・・・。

そんなふうに言っていただいて
この詩を紹介してよかったです。
私も、この詩と出会って以来、忘れられなかったので・・・。
2011/03/08(Tue) 02:26 | URL  | きらたる #-[ 編集]
蘭さんへ
コメントありがとうございますv-237

私も動物物は基本ダメで、試写会の券を貰っていなかったら
たぶん、行ってません。
「こぎつねヘレン」とか未だに見てませんから・・・。
「わさお」も、ストーリーなど、まったく知らずに
行ったのですが・・・。

この詩をはじめて見た時、ものすごく感動したのは、
先住犬を見送ったあとで、まさにこの通りだったから。
命の始まりと、終わりを知る事は、大事だと思います。
悲しくて、苦しいけど・・・。
2011/03/08(Tue) 02:18 | URL  | きらたる #-[ 編集]
こんばんは☆
試写会送り忘れてしまった映画です。
行ってみたかったのですが…
お金出して観ないとダメですね^^;

最後の詩とっても素敵ですね。
でも何だか涙があふれてきました。
虹の橋信じてます。
きっといつかまた会えるその日まで
しっかりと生きていかないといけないですね。
2011/03/07(Mon) 22:45 | URL  | ryu #sSHoJftA[ 編集]
すてきな詩を
ありがとうございましたe-466

私が子どもの頃父は『捨て動物』をせっせと拾ってきては飼っていました。
野良は今より沢山いたような気がします。
野良が減ったのは保護活動のお陰だと思いますが、
殺処分の数が増えたせいだとしたらやるせない気持ちになります。

わさお君が今のままでいてくれるのを願っています
2011/03/07(Mon) 22:02 | URL  | きらりの母 #-[ 編集]
NoTitle
動物って、生まれた時から死ぬ時まで、
ずーっとまっさらで純粋な心を持ってるから、
時折、接してる人間の心をハッと立ち止まらせてくれたり、
大切な事に気付かせてくれる「何か」を持ってますよね!
素敵なパートナー、家族です。

わさお君が気付かせてくれた事、
最後の素敵な詩、
どちらも大切な事ですよね!

そういう事を踏まえたうえで、
私もすぅちゃんと生きていかねば!と改めて思いました☆

ぽちり
2011/03/07(Mon) 17:34 | URL  | かおりん #-[ 編集]
こんにちは~♪
もし私がわさおを観に行く時はバスタオルが必要そうです(笑)。

この詩、私も好きです。
今の日本は殺伐としていて毎日殺人報道のない日がない・・・
それって、動物愛護の精神も欠けてるからじゃないかしらと思います。
動物を飼ってはいけない住居が多く、野良ちゃんは捕まえて殺処分・・・

かと思えば崖の上のワンちゃんや高架下のニャンちゃんを助けたとニュースになる
もちろん助けるのは良いことですけど
そんなの助けるのが当たり前でニュースになることがヘンです。

昔はどこの家にも当たり前のようにワンちゃんや猫ちゃんがいたんですけどね・・・。
2011/03/07(Mon) 12:03 | URL  | アビmama #0ej1hy.w[ 編集]
NoTitle
素敵な詩ですね・・(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪
確かにそーですね!!

ももちゃん達との出会い思い出してしまいました。
Uo・ェ-oU/^☆ 子供達との関わりも・・・
息子達は優しい子に育ってくれましたよ~ヽ(*^^*)ノ
親ばかですね(笑)


わさお・・泣けるんだ~
泣き虫だから
DVD出るの待って家で見なきゃ~。・゚・(ノД`)・゚・。


2011/03/07(Mon) 10:16 | URL  | NIKO #mQop/nM.[ 編集]
NoTitle
ステキな詩ですね。
今まで一緒に暮らして来たワンコ達を思い出しました。
皆それぞれに大切な思い出を残してくれました。
目をつぶればあの子達に会える。
あの世でも会える気がします。
v-398
2011/03/06(Sun) 22:35 | URL  | ぴゆう #-[ 編集]
NoTitle
わっさおくーん!
本犬が本犬の役をと、雑誌で読んだときは
笑ってしまいましたが、
すごいことだな、と思いました。

イギリスの詩、
すごく感動しました。
今まで一緒にいた犬、
今一緒にいる犬、
いろんなことを思い出したり
今を大事にしたいと思ったり
今、この詩に出会えたことに感謝します。
きらたるさん、ありがとうございます!
2011/03/06(Sun) 20:35 | URL  | 月餅子、 #-[ 編集]
NoTitle
素敵な詩ですね。
言葉、一つ一つが心に
響いてきます・・・。
自分より小さく弱いものを、
慈しむこころを、育てていく
それが大切なのですね。
2011/03/06(Sun) 18:58 | URL  | 由桜 #-[ 編集]
NoTitle
わさお可愛かったですか~(*^ー^*)
私は小さい頃から大の犬好きです。
犬バカとか犬オタクというレベルだったと思います(笑)
今でも街行くワンコには目が釘付けですし^^

最後の詩にはジ~ンとしました。。。
まったくその通りだと思います。
泣きそうです・・・(ノД`;)
2011/03/06(Sun) 18:58 | URL  | ミミィ #F3OnhyVM[ 編集]
こんにちは^^
そうか~~・・・・・

私、動物モノって基本ダメなんですe-330
ちょっとしたシーンで、あぐあぐ泣いちゃうv-406v-406
多分観に行ったら、二目と見れない顔になってしまいます^^;
「マリ・・・」と「10の約束」のどちら共映画館に行って、泣き過ぎて横に座ってた子供に不思議そうに見られてしまいました(笑)。

と~っても気になるけど、・・・・スカパーに登場するまで待とうi-229

凄く素敵な詩ですねe-420
でも、読みようによっては、哀しい内容なのかも・・・・。
2011/03/06(Sun) 16:46 | URL  | 蘭 #9dnUgMTg[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。