4にゃんず+人間のにぎやかで面白い生活ぶりを気の向くままに綴ります
おとめの祈り? №1
2009年11月11日 (水) | 編集 |
最近いろいろ思う事を

ちょっと記録したくて・・・


ある日

もう、だいぶん前のことですが・・


うちの近所の公民館に出入りする小学生が行き来する歩道中に

一匹で座り込んでじっと動かないパンダ猫がいました。

近所に回覧板を回しに行ったときにその様子を見て、

ふだんは多分、黙って通り過ぎる私が、

「どうしたの?あんた何してる?}

と声をかけたんです。

たぶん、野良猫さんだし、声をかけたところで逃げるのがあたりまえ、

と思ってたのに、

「にゃ・・・」

と声にならないくらい小さな声で

私の顔を見上げながら答えてくれたんです。

なんか不思議でした・・・。

夜、うちに帰ってきた娘に話すと、

娘も知ってました。

その日から、人懐っこくて可愛いパンダ猫は

私と娘の会話の中に、頻繁に出てくるようになったんです。

パンダ猫は私が愛読書?にしている

くるねこ大和さんの くるねこ に出てくる トメちゃん に似ていたので

我が家では、通称、トメちゃん と呼んでました。

そのトメちゃんが、いつのまにか私の仕事の帰りを玄関で待つようになって、

3回に1回くらい、ご飯をあげるようになって、

出会い1

以前、このブログでも紹介しました。

この写真はうちに来るようになってずいぶんたってからのものです。

ブログに投稿する為に撮りました。

出会い(2)

このころはトメちゃんも

ご飯が目的ではなくて、

玄関先でくつろいでいく感じでした。

出会い2

出会い(1)

うちに来ない時は

どこでご飯を食べてるんだろう・・・

どこで寝てるんだろう・・・

いろんな思いを持ちました。

「トメちゃん、あんたはなんでうちに来るの?」

独り言のようにトメちゃんに話しかけて・・・

次に続く・・・



にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック